スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

泣きすぎておめめハレハレ

2009-02-22 (Sun) 21:55
おとといあたりにファン・ジニという韓流ドラマをひょんなことから知り、
ちょろ~っとYoutubeで見てみたりしました。

やっべ!イイ!

と夢中になり、あちこちググってストーリーと名場面を網羅
しました。
なにがいいかって、音楽と華やかな衣装と女優陣の見事な
舞と演技!これっすよ!
久々MyBestドラマきましたねー・・・どきどき。

結構ね、スポ根が好きな人はいけるんじゃないっすか。
ファン・ジニは李氏朝鮮随一の妓生であり、
その機知と才能で後世まで伝わる才人です。
物語は悲恋が軸におかれ、男関係、師弟関係、ライバル関係、
それぞれ愛憎入り乱れたものになってます。

ありがちといえばそうですが、何より衣装の豪華さと踊りの
優雅さが目をひきます。特に雅な衣装で踊る姿は目にも
鮮やかで、見てるだけでどきどきしました。

またストーリーで頻繁に使われるテーマ曲が哀愁を誘い、
その曲を聞くとあのシーンがよみがえる・・・見事な調和っぷり。

主役のハ・ジウォンの娘時代と妓生時代の演じ分けも見事で、
芸に一途なまっすぐな目から、世の非常さを知った後のあの
挑発的な目、一瞬違う人かと思うかのような姿がなんともはや・・。

サントラ欲しい・・・。

韓国では2006年に放送されたドラマで、現在NHKで17話(全24話)
まで放送中。全ストーリーを他サイトで見ましたが、この後より
最終話までは個人的にはあんまり納得いかず。
でも素敵なんですけどね。

最初から見とけばよかったー・・・orz。

次回は師匠との別れの回になるようですが、泣けるんだこれが。
最初からの師匠との出会いから確執までを見ていたら、泣かずには
おられません。ううっ。

全体的に泣ける話が多いから、重い話が苦手な人には向かない
かもしれませんが、踊りのシーンだけでもググって見てみるといいですよー
本職の人じゃないんだよね?踊りうまいな・・・と思わず感心しちゃう
くらい素敵なので。(カメラワークも上手いのである)

これ見てたら韓国語を勉強してみたくなりました。
韓流ブーム恐るべし・・・(いまごろかよっ!)
本日のオススメですた☆
スポンサーサイト
日記 | comments(0) | trackback(0) |

ついに完結!

2009-02-03 (Tue) 00:23
守り人シリーズ軽装版最終巻 ”天と地の守り人 第三部
読みきりました。

やっと最終巻がでたんですよー><
単行本はもう終わってますが、高いしでかいし。
文庫本はなかなか続きがでる様子ないですが、
軽装版は着々と発刊されました。
これで最後。よかった・・・。
で、今日帰りに買ってきて、むさぶるように読みました。
ううっ・・・
上橋菜穂子さんっ すごすぎるっ

作者の上橋さんは文化人類学者でもあり、現在、川村学園女子大学の
准教授をなさっています。
やはり文化人類の下地があるとこうも違うのか・・・と
感じさせるような情景描写。すべてに重みがあるんですよ~
食べ物のシーンではつばがあふれますし、残酷な描写では
なんとも言えない痛みが心を走ります。
これが児童文学か・・・と思わずうなります。

また心情描写の機微が細かくてねぇ~
決して説明くさく書いていないのに、ちゃんと登場人物の
喜怒哀楽が心に強く訴えかけてきます。

それにしたって、”精霊の守り人”から始まった物語が
”天と地の守り人”まで全部がこう話がつながるのか!
すごすぎ!
どれひとつだって欠けてしまっていては物語がうまく
すすまない。でもご本人は練りに練ってるわけじゃなくて、
(いや、練ってもいるんでしょうが、)結構書いてる途中で
結末やつながりが見えてくるってあとがきに書かれて
るんですよ・・・ありえん(笑)

よくこれが本格的なアジアンファンタジーだ、といわれますが、
水田と森に囲まれた皇国が物語の主軸になっているところは、
日本とは違いながらも、なにか日本くささ?みたいなものを
感じますし、どこの国も洗練された感じではない印象が、
やはりアジアっぽさ?を感じます。
いわゆる西洋ファンタジーとは一線を画しているとは、
思いますねー。

こんなファンタジー読めるって、ファンタジー好きには幸せな
ことです。完結してよかった・・・(笑)


それにしてもなんでこんな急に読書づいてるんだろう?
明日も仕事だっちゅうの!
やべ、風呂もはいってねぇ~
感想書き始めるととまらないってのはダメだね!あっは!
日記 | comments(0) | trackback(0) |

ti amo、ti amo、ti a-mo!

2009-02-01 (Sun) 01:51
いまさらEXILEの”ti amo”にはまっています。

最初TVとかでめっちゃ流れてた時には、ふ~ん、て
聞き流してたんですが、昨日(もうおととい?)のMステで
歌詞と一緒にみたんですよ。

イイ!

歌詞がすっごくうまくできてて、それが曲調によくあってる。
あふ~ん(ノ*゜▽゜*)

歌詞の内容そのものは、妻子ある男性と関係を続けながら
男性の気持ちを信じつつ疑いつつ、関係を疎みつつ、最後まで添う
覚悟を持ちつつ、という揺れる大人の女性の心を歌ったもので、
まさにありがちな情景と台詞まわしなんですが、それに反して
曲にのせた詩の伝え方が胸にぐっとくるんですっっ

レコード大賞とったんでしたっけ?うん、今ならわかる・・・
まさに胸きゅん系ですわ・・・(意味不明)

その歌詞にのせられて胸きゅんしてたら、もう頭の中は”ti amo”
でぐるぐるです(笑)

最近文章をかこうと意識しているからか、歌詞のメッセージ性とか、
伝え方のすばらしさとかが、目に付きます。
いつまでたってもすごいなぁ~って思うばかりなのが悲しいとこですけどねっ

明日は高校からの友人の新居(もう一年近くたつっつの)へ新年会と
称して遊びに行きます。たくさん料理を用意してくれるらしい。
楽しみだ、やっほー☆
未分類 | comments(0) | trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。