スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

木刀初体験

2006-03-07 (Tue) 23:49
いつも他のサイト様巡りをしていて自サイト更新が遅れてしまうダメ女、木の葉です。こんばんは。

では忘れてしまう前に、合宿感想~その壱 木刀初体験~いきましょうか!

木刀で感じられたのは力のそらし方?でしょうか。

型なんて名前もなんだかうろ覚えなので書くのは控えますが、
相手の袈裟切りに対してしのぎをぶつけ、刀を利用して相手の力を
相殺し、押さえつけてしまう、という型があります。
これは結構な驚きでした。
あれ、やられると本当に力が入らなくて、面白いです。
そしてキチンと相手側に力が入っていないと上手くいかない。

木刀での剣術は、上段と下段のものが組んでやります。
下段の人間が勝つ形で型がすすむのですが、勉強のため逆も体験しました。
なので、私が本気で力を入れていないとうまく相手が返せないのですね。
うまく説明できませんけど、力をそらす、というのはこういう事を
言うのだな、と実感しちまいました。

それとですね、相手の真っ向を直前で半身によけ、
喉元に刀を突きつける型があります。
マジ恐いです(+_+)
喉元に木刀があるだけで異様な圧迫感を覚えます。息苦しい感じ。
紙一重でこちらの攻撃を避けられたうえに、一瞬で喉元に刀が
突きつけられたらホント、ひとたまりもないですよ・・・ぶるぶるっ。

真っ向の刀を受け流して相手の斜め前に踏み込み、
首を狙う型なんかもあります。これも結構恐い。
受け流した側(自分)の刀を上手く逃がしてやらないと、
自分の刀で額をうちます。(額に木刀ぶつけました(笑))
また受け流したときにきちんと肩をひいてやらないと、
恐らく肩を斬られます。ひょええええ。

それでもいつも一人でやるよりは、分かりやすくて楽しいですけれど。
難しいです。


明日は木刀-脇差編をお伝えしたいと思います。
居合道 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。