スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

私のカラダ

2006-04-16 (Sun) 00:55
居合の話を見に来てくださってる方が多いのを忘れていました(オイ)
というわけで、今日練習に行けなかった腹いせ(?)に居合話を。

バランスが大事だ、というお話をしました。
こないだの練習でね、それを痛感したとですよ。

私はバドミントンやソフトボールをしてきましたので、右肩、それに
右半身はかなり鍛えられてます。
バドミントンなんかは右足踏み込みですし、両スポーツとも右腕の右肩
を酷使しますのでね、上、下半身ともに適当に鍛えられています。
ところがですね、まるきし左はつかえません。
ピアノをしていたので指先はかろうじて使えますが、
手、腕、足どこをとってもぎこちありません。
お箸はもちろん、複雑な動きは一切できないんです。

ただ今までは、利き腕でないのだから、左側がうまくつかえないのは当然だ、仕方ないと思ってきました。

でも居合はそうはいかないのですね。

練習の時に注意を受けました。
真っ向で切り下ろしの時に、刃筋がぶれている、というのです。
右腕だけで振っているからだ、と。

力の加減で、右腕で振るとどうしても偏る様なのです。
だから、先生方は一様に、左手だけで振り下ろすつもりでやりなさい、と言います。
右腕は添えるだけだ、と。

また、左を使うのはつらいかもしれない、だが左を積極的に使うことによって、
右にも良い影響がでるから頑張ってやってごらん。ともおっしゃってました。
左を思ったとおりに動かそうとする、意識をカラダに伝達する流れが、右にも生かされるそうなんです。

へぇ~って感じ。

実際、振り下ろす時だけでなく普通の足運びから蹲踞(そんきょ)など全ての動きにおいて、
左右で均等に力がとれていないと、バランスを崩す感覚があります。
頭が揺れてしまうんですよね。
それと刀を振るときも同じなんだよ、とおっしゃっているのでしょう。

で、その日は頑張ってやってみました。

翌々々日。
左腕と左わき腹に激痛が!!
今まで右と同様に鍛えてこなかった左は、予想以上に老化しているようで・・・。
(右は翌日夜に発生しました。(それ遅いのでは・・・)

バランスって大事なのだな、って心底思いました。
精神だけじゃない、カラダにもバランスを。(どこのコピーライターだ)
居合道 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。