スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

最後の一撃は、せつない。

2007-11-11 (Sun) 21:06
「ワンダと巨像」クリアしちゃいました。

日記もかかずになにやってるんだー・・・。


はぁ。クリアしてこの虚脱感。
買ってからすぐプレイしたときは、巨像を倒していくだけで
つまらないなんて思ってたんですが。
ちょっと語らしてー!!><(ネタバレ気味。注意!)



天をも覆う巨像。
何度も何度も倒れこみながら必死で巨像に立ち向かう主人公。

繰り返しのようでいて繰り返しでなく、戦うたびに深まる寂寥感。
最後の一撃はせつなく、倒したあとにコントローラーから伝わる
衝撃は罪悪感と不安感にさいなまれて。

そうしていつしか主人公と愛馬の心に添い、結末にむかってひた走る。

今までに見たこと無いほどリアルな大地、動き。
胸揺さぶる効果的な音楽。極限までにシンプルな構成。


そしてエンディング。
主人公の必死に伸ばされた手は届くことなく。

残された者は結末で得たその手に残る空虚感を手放せず、
安易にもう一度、コントローラーを手にすることが出来ない。


ああ!なんということでしょう!


薄々気付いてはいた、結末。
HAPPYにはなれそうにない、って思ったけど。
でも。



はぁぁぁ。
しばらくワンダと巨像ショックから立ち直れそうにありません。
あまりのショックにアナザーエンディングをネットで探しまくりましたが
(自分で調べろよ)(え)
結局わかったのは、結末は変わらない、ということです。
「ワンダと巨像」は「ICO」の製作チームを引き継いでいるそうで、
なんとなくICOを連想させる部分があるとか。
でも私「ICO」やったことないです。
だからなお、エンディングに救いがなくてつらい。

初めてワンダと巨像をプレイした時は、なんて地味でつまらないゲーム。
とか思ってました。
久しぶりに挑戦してみたら、一体ごとに次第にのめりこんでしまい、
がらにもなく集中的にプレイしちまいました。


あー・・・。多分、ICO、やるんだろうなぁ。(苦笑)
日記 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。