スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

ぶつぞうをみたいぞう

2008-06-02 (Mon) 22:28
昨日、上野国立博物館へ薬師寺展を見に行ってきました。

・・・・・・二時間待ち。

えぇ!!私の日光月光菩薩さまがぁ~

ってことで断念(え)
そばにある上野国立科学館でダーウィン展を見て、お茶を
濁してきました。ごにょごにょ・・・。

でもダーウィン展も面白かったぜ☆
そして旦那と印象に残った点が全然違ってて、興味深い(笑)
個人的には、ダーウィンが世界一周の地図作成の船旅に
同行して研究した点で、あれだけの資料と調査を五年程度で
やったところがびっくりでしたね。
いやむしろあの時代の船で世界一周が五年ってのがびっくり。
そして一番最後に展示されていた百合の花と蛾のエピソードが
面白かった。
ダーウィンは、その百合のものすごく細長い蜜の管をみて、
”見つからなかったけど、多分この蜜を吸えるほど細長い管を
もつ生き物がいるんだろう”って言ったらしい。
そしてつい何年か前に発見された蛾は、ひげみたいな長い
管を蜜を吸うために持っていたのだ!

生き延びるために適応して変化するというダーウィンの進化論が
ここで証明されたような感じで、ちょっと感動。

それにしてもあのダーウィンの異常なまでの研究心ってすごい。
        脱 帽 。


でもぶつぞうはみにいくぞう。
未分類 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。