スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

ぶつぞうをみてきたぞう

2008-06-05 (Thu) 00:27
今日は仕事が休みだったので、母と念願の薬師寺展へ行ってきました。

・・・・・・1時間半待ち。(+_+)

今回はどうしようもないので、待ちました。待ちましたとも、ええ!!

朝10:30に上野に着いたところで、すでに薬師寺展へ向かう人 人 人の波!
こんなに人気があるのかと、ほんの少しボーゼン。(笑)
母とダラダラしゃべくりながら待って、見てきました。

よかった・・・よかったよぶつぞう!(←失礼千万極まりなしw)

本当に行ってよかった、のひとことに尽きます。
人は確かにすごい多かったけれど、見るだけのものはありました。
市原悦子の音声ガイドもグー!
ガラスに囲まれてない、触れられそうな位置にポッと置かれているのも
今までになく、感動しました。

そうそう、大きな仏像様方は目線によって全然表情が違うのですね。
聖観音菩薩立像、日光月光菩薩立像の目線はもちろん人間よりずっと
上にあるのですが、今回の会場では、彼らを下から仰いで見ることと、
ちょっと高台から見ることができます。

高台からみた時はとても凛々しい、厳しくもある表情が伺えました。
でも下から見ると、自愛あふれる表情に見えるのです。
あれって、制作者は意図してやったんですかの?
光の具合なのかよくはわかりません。なんにせよ、それは驚きでした。

しかしあれだけの人がわらわらと集まって、ぶしつけな視線を菩薩さまに
あてているというのに、菩薩さまがそれでもにっこりと許してくださってる
気がして、心広ェな、と思ってしまいました(笑)

なにはともあれ、ありがとう!合掌・・・。
日記 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。