スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

アニダ カサニダ・・・

2009-03-02 (Mon) 00:46
昨日ファン・ジニ18話を見ました。

これがまた涙なしには見られない回で、夢中でテレビを
見ながらウルウルしていたら、旦那に、こういうドラマを
夢中になってみてるなんて君ももうオバサンだねぇ、と
言われました。

う、うるさいのだ!

さて、これ以降の話の展開はあまり好きではないので、
見ないでおこうかなぁとか思いますが、18話は最後の
セリフが無性に知りたかったので見逃せませんでした。

Youtubeなどで18話の最後の5分間、シーンを写している
動画がありましてね、それを見たのですが、韓国語なの
ですよ。

状況としては、師が亡くなって川に遺灰を流すシーンで、
みなは喪服に身をつつみ涙して見送っています。
そんな中、ファン・ジニは綺麗に着飾ってひとり登場。
皆はいきりたちますが、ファン・ジニは何も言わずに一人
舞い始めます。
それは師が亡くなった原因とも言える舞で、その時には
最後まで舞わせてもらえなかったという舞でした。
彼女は舞うことで師への弔いとしたのでした。
ひとり涙をこぼしつつも表情を変えずにひたすら舞う
ファン・ジニ。
彼女は舞いながら、師と出会った時のことや、かばって
もらったときのこと、話したことを思い出します。

で、韓国語の動画ですから?もちろん私は韓国語を勉強
したことがあるわけでも何でもないので、当然よくわかりません。
でも一番最後のシーンのセリフ、ファン・ジニと師のやりとり
のセリフが聞き取りやすくめっちゃ気になってました。

カタカナでざっくり書いてみると、

ファンジニ :スルニカ、サラニカ、ツェーニカ?
師     :アニダ、カサニダ・・・

聞き取りやすいだけに超気になります。
カタカナで韓国語を検索したところなんとなくわかったのは、
”アニダ”=否定の意味=いいえ とか。
漢文と一緒ですね。
でも後のセリフはわからない。うーん気になるぅ!!

で、最後まで泣きながら見ましたところ、判明しました!
有名なセリフ(多分?)でした。
というわけで、以下訳。

(師    :妓生の一番の友はなんだかわかるか?)

ファンジニ :お酒ですか?愛ですか?芸ですか?
師     :いいや、苦痛だ・・・


おおおぉぉ・・・師の信念を端的に表したセリフ。泣ける・・・。

目が腫れちまったい!どうしてくれよう!
あうう。
日記 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。