スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

ふぎゃー!!

2006-02-06 (Mon) 23:37
だめだダメだぁ!!こんなんじゃダメだぁ!!!><
激しく現在の自分にダメ出し。くぅう。

あ、訳分からなくてごめんなさい。どうしても叫びたくってぇ~みたいなぁ~
(ちょっとアホぶってみる・・・アホだけど。)


のびのびになっていた「sayuri」の感想を。

率直に言うと、ちょっと水っぽい映画でした。(何のこっちゃ)
えーと、お水とかそういう意味ではなくて、本当に水。
本編中にさゆりが魚臭いと言われるシーンがありますが、そんな感じ。
何故ですかねー・・・つらいシーンは暗めの画面にひどい雨を重ねていたからでしょうか。水を大きなイメージに活用していた気がします。

全体的に暗めのシーンが多いですが、たまに活用する色の鮮やかさが際立っていて素敵です。

意外に良かったのが役所広司!なんだかどうしようもなく不器用で傲慢な感じが感じられて良かったです!役所さんは英語話せないそうなので、中国人であるチャン・ツィイーとあれだけ自然に演技できるのが凄いですよぅ!桃井さんも相変わらずエェ雰囲気だしてました!(笑)

やはり外国人の目から見た、ゲイシャの国、日本。というイメージからは逸脱していないかなーとは思いましたが、芸を極めること・日本の文化に対する敬意は感じられました。だから、正直に言えば細かいところはツッコミどころ満載だと思います。でも、あれはあれで、ひとつの物語としては良いのかなぁ~ってところでしょうか。

最終的な結論を言えば、中国女優陣は素敵やわぁvv ですね(笑)


あらぁ長々と感想書いてしまった。
読む人いるんだろうか・・・もう映画公開も終わったっというのに(爆)
目を通された奇特な方がいらっしゃいましたら、
どうもおつかれさまでしたー!!(ノ*゜▽゜*)ニパパパ
日記 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。